t1-5f6a8.gifBPA1.gifh1.gifd1.gifw2-8cae2.gif

2010年04月09日

築地外国人観光客規制問題は、21世紀の黒船問題か

築地外国人規制問題に日本の問題の根底が見える

外国人観光客は、「ツキジ、オモシロいからカイホウしてください。」といい、東京都は、「外国人観光客は迷惑だ」という態度を示したのが今回の問題。まるで、「ニホンとトリヒキしたーい。」といったかどうかはわからないが、ペリーが浦賀にやってきたときと状況は似ている。もっとも、ペリーのつぎにやってきたハリスはとんでもない食わせモノだったが。

2010年4月8日から築地市場のマグロの競り場への観光客の入場規制が再び始まった。いまからさかのぼること12年前、大学の卒業設計の調査のときに初めてマグロの競りを見た。初めて見た時のあの感動はいまでも忘れられない。
magurosan.jpg

そのころにはすでに外国人観光客から注目されていた。ぼくがドイツ留学から帰った2001年頃から多くの外国人の友人を東京に案内して来たが、必ず築地はコースに入っていた。

それから10年以上の月日が流れ、東京都は入場規制線を地面に書くことしかしてこなかった。たしかに10年前、私は自由に競り場に入ることが出来、その気になればマグロを触ることも出来た。(もちろんしなかったが)衛生上問題があることは誰の目にもあきらかだったので、規制線が出来て私はむしろ喜んだものだ。東京都にもルールをつくる意志があるのだと。しかし、今日の入場規制を見るにつけ、誰の為のルールなのか、と疑いの目を向けざるを得ない。

築地の競りの魅力はその場にいかなければわからない。テレビや新聞のメディアは、その魅力を知らないままにこの問題を語っている。おそらく、東京都の記者クラブメディアがつくりあげたニュースなのだろうが、ここには、あえて観光立国の政策をかかげる部門の声は伏せられている。また、テレビコメンテーターが見に行ったことがないことに残念な思いがする。

東京都中央卸売市場は、築地をはじめ11の市場を管理している機構である。中央卸売市場会計という特別会計をとっている。その目的は明白で、安定的に食料をマーケットに供給すること。http://www.shijou.metro.tokyo.jp/about/01/index.html
そこには観光行政や文化行政のにおいはしない。独自採算部門である市場は文化行政をおこなう理由はひとつもないのである。

築地市場については、われわれがあのような姿の市場を見られる状況にあることは奇跡と言っていい。築地市場は大正時代に整備された市場で、その姿がいまなお見られることは、豊洲への移転計画が遅々としてすすまないことに起因している。失われた日本の原風景をあの市場に感じることが出来るのは、あれを残そうとする意志ではなく、移転が計画されている以上、あれ以上改修できないという後ろ向きな意志である。本来的には、食品を安全で安定的に供給するための綺麗でピカピカな市場が交通に便利な郊外にできていてもおかしくない。(大田市場

観光視点
東京都産業労働局傘下に観光部ができてから数年が経ち、外国への積極的なプロモーションが行われている。もちろん築地のマグロの競りも観光の文脈で紹介されている。このように、観光資源の重要さがわかっている部門も東京都の中にはあるが、都としての意志は不在で、先に決められた移転計画が粛々と進められている。一度きまった諫早干拓がとめられなかったことや、ダム工事と同じで、新しい価値がうまれてきているにもかかわらず、行政は機能しない。あるいは、意思決定機関としての政治も不在である。

「東京の硬直化した行政機能」を自ら発信してしまったことをまず東京都庁は恥じるべきだ。そして、われわれが世界の中で、どのように見られているかを真摯に受け止め、子孫にどのような東京を残していくか、真剣に議論をしなければ、東京は衰退する。
posted by モッツ at 08:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

LOBの悲しき航海

LOBは3月29日に解体処分されました。

twitterをまとめました。

posted by モッツ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

アルミユニボディの感触

まえの記事に、アップルの福袋でMacBookProがあたったと書いたが、いいこと、わるいこといろいろあるので整理しました。

いいところ。

製品としての完成度の高さ。すばらしいです。
昔、チタンのPowerBookがでたとき、とても手荒な感じでもてないと思いましたが、このアルミユニボディのMacBookは剛性感がすばらしく、ひとが日常生活できちんと使えるパソコンになっていると感じました。
製造過程がそもそも革命的で、CNCの技術でつくられているのがとても斬新。それがこの手元にあることの優越感もまた素敵。

トラックパッド

大きく、使いやすい。マルチタッチで字を大きくしたり小さくしたりしている。インターネットで便利。

キーボード

タイピングの感触はまだちょっと慣れていないが、レッツノートにくらべればはるかに文章が書きやすい。ストロークが若干浅いのかも。これもなれかな?

画面は美しい。

キーボードバックライトはまだ使ったことはないが、人に自慢できるギミック。

バッテリー

すごくよく持ちます。すごすぎです。

OS

スノーレパード(MAC OS 10.6)が入っている。パワフルかつ軽い。

プリンターの設定
なんだかわからんが、ドライバが自動でダウンロードされるようになった。まあ、これは便利かもしれない。

Safari(インターネットプラウザ)

早い。インターネットが快適!

動画視聴

HDでもストレスフリー

移行プログラム

ちょー簡単

Itunes

すごいはやい、快適

わるいところ

スノーレパードの古いソフトの互換性。
最悪です。Photoshop,Illustratorなどフル機能がつかえないので、非常に不安定。あたらしいのを買えばいいが、高いのでまだ買えず。
Vectorworksに至っては、これがわが家に一月の時点でまだ対応ソフトすらなかった。
もちろんformZもない。Shadeはどうなのか?

いずれにしても製作環境をおおはばに変えなければならない。
posted by モッツ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

新年早々、運を使い果たした件

新年あけましておめでとうございます。

昨年から行くと決めていた、アップルストアの福袋セールに行ってきました。
朝、6時に起きまして、7時に渋谷のアップルストアについたときにはすでにこんな感じ

ここだけ人å£å¯†åº¦ãŒé«˜ã„ on Twitpic

すでに、ラッキーバッグ(福袋)の用意数を超えたということで締め切っていて、途方にくれていたところ、意外にもそれでも並ぶ人が多いことに気がつき、このままかえってもしょうがないので、だめ元で並ぶことに。

コーヒーが振舞ã‚れた on Twitpic

7時20分ごろ、マック店員による、スタバのストレートコーヒーが振る舞われる。なんとうれしい。なにせ、気温は氷点下近く。あったまるなあ。

またなにか配り始まる
ちっちゃいカレンダー on Twitpic

7時25分ごろ、全員にミニカレンダーが配られる。
この時点でまだ、福袋の整理券がもらえるかどうかわからない。
さらにこの後、新春セールのチラシが配られる。そうか、このセールのために俺は並ばされているのかも。

続いて本日限定セールのパンフレット
そうか... on Twitpic

そして、整理券の配布開始。どきどき。


おー!買えるのか on Twitpic

おー!俺のところにもきた!買えるのか?

なかに、赤いカードが入っていると、大当たりでMacBook Proがもらえるとのこと。

これは期待大だ。
しかし、いったい何本あたりがあるのか?

マックブックやプロが当たるたびに、沸き起ã... on Twitpic

そして、8時になり、入店開始。
パチンコ屋のアナウンスかと見まごうぐらいのマイクパフォーマンスで盛り上げる店員。


ぼくが入店した時点ですでに、4本のあたりがあったらしい。
最後の一個になっていたMacBookpro

35000円支払い、福袋のなかをみてみる。

お、お、これはもしかして・・・
すみませーん、これがあの赤いカード?

あたった

当たっちゃった on Twitpic

中身はこんな感じ

中身はこんな感じ on Twitpic
posted by モッツ at 19:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

完成間近

??.jpg
posted by モッツ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間もなく完成

??.jpg
西中延プロジェクト
posted by モッツ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

亀井さんに質問

件名: モラトリアム法案に反対です
お名前: 岩本唯史

メールアドレス: iwamotts2000@ybb.ne.jp

性別: 男性

年齢: 30〜39

ご職業: 会社員

都道府県: 東京都

お電話番号: - -

メッセージ:
モラトリアム法案を唱えられている亀井さんにご意見申し上げます。
以下の点についてどのようにお考えかお聞かせください

・モラトリアムが成立した場合、銀行の自己資本比率が低下することが想像されます。ただでさえ、きびしい経済状況下で銀行の貸し出しがさらに悪化することが想像され、これから必要とされる社会変革への設備投資が鈍化される可能性が示唆されていますが、どのようにお考えか?

・銀行からお金を借りているひとがほんとうに有効にこの猶予を活かすことができる仕組みがわかりません。ただたんに文字通りモラトリアムととらえられ、社会人としての責任を一定期間放棄することが可能になってしまうこの法案があたえる心理的な側面に対してどのようにお考えか?

・この十数年で我が国はたくさんの税金を使って銀行の体制をささえてきたことは否めません。それによって、不良資産は消化されましたが、リーマンショック以降の不良資産はまだ表面化していません。市場に流れるようになるまで私などは待っている身ですが、貴方のこの法案が成立した場合、問題を先延ばしにすることにより、経済状況が好転するチャンスも先延ばしにしているように感じます。どのようにお考えか?
posted by モッツ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

すばらしい週末でした

DSCF1190.JPG
私事ですが、日曜日に婚姻届を提出し、結婚式を行いました。
来てくれた皆さん、ありがとうございました。
呼びきれなかった皆さん、すみません。

奇跡的にその時間だけ、雨がやんでいました。

posted by モッツ at 01:03| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

したから見上げて

??.jpg最近雨、突然すごいのきますよね。
今日も降るみたいですけど、積乱雲が自分の頭上で出来つつあって、でもバイクで移動中で、逃げるしかないんだけど、足留めを覚悟した瞬間を切り取りました
posted by モッツ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

クモがマウスを追う

突然デスクトップ上にあらわれたクモ、スパイダー。
いや、ウィルスとかそういうんじゃなくて、リアルなクモが画面の上を歩いているんです。

けっこうびっくりしたんですけど、マウスカーソルをもっていったら、興味をもちはじめて・・・



この日記を投稿している間も、カーソルをねらっているやつなのでした。

追記

いまはもうおうちに帰ったみたいです。
posted by モッツ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

大地に立つ

毎日の報道によると、ガンダムが大地に立ったようです。

3.jpg毎日のウェブサイトより転載

30周年の記念イベントのようです。

ちょっと太って見えるのが気がかりですが、当時のガンダムよりもディテールが凝っています。

乃村工藝社が製作を担当し、制作費は非公表のようです。
以前ギズモードにあった構造の写真がこちら

090424_gundam1.jpg
gizmodoより転載

胸部のパーツがこちら

20090423212551-84389.jpggundam.infoより転載

スチールのフレームは、ガンダムの立ち方をかっこ良く見せるためなのか、すこし歪んでつくられている丁寧さ。FRP(?)の被覆は、厚みもあってしっかりできているように見える一方、重量も十分なようです。大地に立つと若干重力でひずみが生じて、太って見えてしまうのではないでしょうか?

塗装は丁寧ですね。何塗装でしょうか?
実機をみてみたくなりました。

しかし、東京が海外からどんなにアニメの聖地といわれても、やはりガンダムはシュールです。
posted by モッツ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

ヒーピアがレバークーゼン、ジエゴがユーベ

sami.jpg dieg.jpg

サミ・ヒーピアがリバープールでのラストゲームをむかえました。

ヨーロッパサッカーは2008-2009シーズンが終盤をむかえ、いろいろな選手がなれた場所を旅立ち、新天地へと羽ばたいていきます。ヒーピアもバイヤー・レバークーゼンへの移籍が決まっています。
ヒーピアは好きな選手のひとりです。ディフェンダーで、ヘディングマスター。最近は年のせいか、ベンチをあたためることが多くなっていましたが、出場すると往年を彷彿とさせるゴールへの執着心と堅実なディフェンスをみせていました。10年いたリバープールからぼくが大好きなバイヤーレバークーゼンへ移るということで、心機一転ですが、来シーズンが楽しみです。

そのほか、中村俊輔のマリノスへの移籍が実現するのか注目しています。チャンピオンズリーグでもうあのフリーキックがみれなくなるとおもうと残念ですが。

あと、ジエゴがブレーメンから移籍し、ユベントスへ移るようです。ぼくの友達Henningはブレーメンファンですが、さぞ残念でしょう。

ぼくらもあたらしい事務所へ移るということで例年以上に感慨深いです。





posted by モッツ at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

いそがしくても建築からは逃れられない

レゴ社からARCHITECTURE シリーズ発表!

2009052220-1.jpg

http://wiredvision.jp/news/200905/2009052220.html

まずは、フランク・ロイド・ライトから。
価格は45ドルだそうです。

プレスリリースによると、さらに素晴らしいことに、これは有名建築家シリーズの始まりに過ぎないらしい。われわれは、建築家ル・コルビュジエに一票入れるつもりだ(そういえば、ル・コルビュジエの建築物をLegoで組み立てるのはきっと非常に簡単だろう)。

グッゲンハイムでだれか買ってきて!
posted by モッツ at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

豚インフル

豚インフルエンザ、心配ですね。
今日マスクを買いましたが、花粉症対策なので関係ないですけどね。
世界中でどのくらい感染が広がっているか、毎日チェックしてます。以下で。


View H1N1 Swine Flu in a larger map

先日いったバンクーバーも感染があったようです。

posted by モッツ at 22:26| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

お休みをいただいて、旅行!

departure-sign.jpg

今日からお休みをいただいて、旅行に行ってきます!
もどりは、16日です。
posted by モッツ at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

祝い

photo.jpg誕生日に会社で祝ってもらいました。
posted by モッツ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

目黒川

photo.jpg
posted by モッツ at 15:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

戸建住宅メーカー倒産のニュース

「不景気のときにおきがちなこと」

関東一円で坪単価24.8万円を売りにしていた戸建住宅メーカーが倒産したようです。

民事再生ということで、すぐに営業活動が停止してしまう訳ではないようですが、
すでに支払いをしていたエンドユーザーは大変なことが起きてしまうのではないかと
心配です。

つまり、建築というのは一般的な買い物とは違い、現物と現金の受け渡しが瞬間的におわるものではないので、どうしてもお客様にできていないものに対して負担を強いてしまう時期があります。

着手金支払い

着工

建て方完了

中間金

建築工事終了

残金


ということは、例えば上の図を参考にして、着手金支払いから着工までの間はその着手金全額が信用払いになっているわけです。
この間に上記の業者のように倒産してしまうと、お金は返ってこない可能性があります。

わたしが設計した物件でそのようなことが起きてしまったことが過去にあります。工事を請け負っていた工務店が倒産してしまったのです。倒産の兆候に気づいたときにはもうすでにできることはありませんでした。ここで詳しくは書けませんが、本当にくやしい思いをしました。悔やんでも悔やみきれません。

本質的にこのような取引でわが身を守るには、支払いをできるだけ細かくすることしかありません。銀行から借り入れをしたとしても同じことです。

「ヒューザーと姉歯の関係」

今年の10月から住宅瑕疵担保履行法という法律が成立します。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.files/kashitanpocorner/index.html

これは、ヒューザーがデベロッパーとして建てたマンションに構造的に重大な欠陥が発覚し、住んでいた住人が住めなくなってしまった事件は記憶に新しいと思いますが、このときに泣きをみた住民の立場を保護するためにできた法律がこの「住宅瑕疵担保履行法」です。
デベロッパーや工務店、ゼネコンなどがエンドユーザーに物件を引き渡す場合、物件に保険をかけなくてはならないという法律です。
この保険はエンドユーザーを保護するためにあるので、もしその業者が倒産しても物件を直すお金はでるようになっているようです。

この法律は今年の10月以降に引き渡しになる物件を対象にしています。

ところがこの法律では、引き渡し前の物件の手付金の保護(先払いしてしまったお金の保護)はカバーされません。また、この法律ができたことのよって、義務づけられたデベロッパーや工務店はこの保険金を支払うために建設コストを上乗せし、結果的にエンドユーザーがこの保険分を負担することになるでしょう。また、抜け道(例えば完成から引き渡しまで一年以上たった物件には保険適用外)もあるので、一戸建てを買う場合は営業マンに聞いてみましょう。

それでは、ユーザーは支払いを細かくする以外に身を守るすべはないのでしょうか?
住宅完成保証制度というものが他にあります。今の時期、もし一戸建てを建てられるようなことがあるのであれば、保険をかけてもいいかもしれません。
http://www.how.or.jp/kansei/index.html

さて、これらの保険を運用している会社は、法律により認められた会社のみです。

(株)住宅あんしん保証
(財)住宅保証機構
(株)日本住宅保証検査機構
(株)ハウスジーメン
 ハウスプラス住宅保証(株)

この法律によって規制がきびしくなり、官僚の天下り先が増えたことは腹立たしいですが、しょうがないのかもしれません。
posted by モッツ at 20:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

村野藤吾賞

私の恩師、早稲田大学教授入江正之先生が村野藤吾賞を受賞されました。

こころよりお祝い申し上げます。

第22回村野藤吾賞 受賞者決定
http://kenchiku.co.jp/news/detail.php?id=229&PHPSESSID=659e7ff9614193fc4280590ec43bb198

伝統的石造民家マジアの再生
http://www.irie.arch.waseda.ac.jp/contents/projects/majia/index.html

早稲田大学入江研究室
http://www.irie.arch.waseda.ac.jp/
posted by モッツ at 21:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

アップルストアがアップデート中

apple.png

この間、怒濤のiMac,Mac mini, Macbook,Macbook Proのマイナーチェンジをしたばかりなのに。

なにがでるんでしょうか?

http://store.apple.com/0120-APPLE-1/WebObjects/japanstore/
posted by モッツ at 21:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。